掃除に使いこなしたい身近な便利グッズ

2010年07月12日 (月)

ストッキング一人暮らしに揃えたい掃除グッズ』では初めての一人暮らしのための必需品を紹介しましたが、ここではいわゆる市販の掃除グッズ以外におすすめしたい身近なものを利用した掃除アイテムをお届けします。

例えば、ストッキングや割りばしなど...。使い終わったもの、要らなくなったものを上手に活用してみると、市販のものより使い勝手がいいこともあるんです。買い物の無駄を減らして節約になる上に、地球にもちょっぴり優しい。最初から捨てるものだとわかっているから、モッタイナイと思わず遠慮なく使えて、すぐに交換できます。もう使わないと捨てる前に、ちょっと手元に置いて再利用してみましょう。


● 古タオル・古着

使い古したタオルや洋服などはそのまま捨てずに、使いやすい大きさに切って、雑巾代わりに使ってみましょう。市販のお掃除シートなどの代わりにもなります。使いやすいのは、Tシャツやワイシャツなどによく使われている綿や麻など、水分を吸いやすい布です。


● ストッキング

ストッキングは静電気で埃を吸着するので、家具などについた埃を取るのに便利。手にはめて、汚れが気になるところをなぞるだけで埃がよく取れます。細く裂いてから束ね併せると、はたきの代わりにも。さらに、洗剤などをつけてスポンジ代わりに使っても、よく汚れが落ちます。


● 歯ブラシ

毛先の開いてしまった歯ブラシは掃除に最適。キッチン・洗面所・バスルームなどの水周りの水あかやカビなど、細かい汚れを落とすのに使いましょう。


● 割り箸

割り箸などの棒状のものに布などを巻きつけると、手の入らないような細いところに使える掃除グッズになります。また、割り箸の先を削って、窓のレールなどに溜まったゴミを掻きだしたり、こびりついた汚れを削り落としたりするのにも便利です。


● 新聞紙

新聞紙は湿気を取ったり、ニオイを防いだりする効果があります。生ゴミを包んで捨てたり、油汚れをふき取るのにも便利。また、窓ガラスを磨くときに使うと、印刷の油分でピカピカに磨き上げることができます。


さて、次回は、「洗剤上手で掃除を制す」として、上手な洗剤の使い方や、最近よく耳にするお酢や重曹でのエコな掃除方法についてお届けします。どうぞ、お楽しみに。

テーマ: