最初が肝心。おうちデートの決まりごと

2011年08月10日 (水)

おうちデート二人でゆっくりと過ごせるおうちデートは楽しいもの。一人暮らしをしていると、長く一緒にいたいからと部屋で過ごす時間が増えてしまいがちですが、それが次第に不満やトラブルの種になることもあります。

いつも部屋に入り浸る相手に「たまには外でデートしたいのに」とイライラしてしまったり、本当はきちんと結婚したいと思っているのに同棲生活がズルズルと続いて、いつまでも関係がはっきりしなかったり。また、もっと深刻なケースでは、一人暮らしの部屋では契約上二人で住むことが禁じられていることが多いため、それが大家さんに知られて、退去を求められる可能性もゼロではありません。

おうちデートをするなら、疑問や不満があったとき、それが小さなうちに二人でルールを決めておきましょう。恋人であっても、部屋の中で何でも好きにしていいというわけではないということを明確に。例えば、○回に1回は外でデートをする、勝手に使われたくないものは何か、私物を置きすぎない・増やしすぎない、相手が長く居つくようなら、家事の負担、生活にかかるお金はどうするのかなど。「言いにくいから」とそのままにしておくと、あとが大変。積もり積もると大きな不満になりますが、小さなうちに解決しておきたいもの。もし、それができないような相手だと、その後のお付き合いはしんどいものとなるかもしれませんので、ご注意あれ。


さて、次回は、「恋人をガッカリさせない部屋作り-男性編」として、恋人を部屋に招くときの片づけやインテリアのポイントについて考えていきます。どうぞ、お楽しみに。

テーマ: