二人の距離を縮めるお料理タイム

2011年08月22日 (月)

料理美味しいものを食べるのは幸せなこと。その幸せな時間を恋人と共有することは、二人の距離を近づけるきっかけになるように思います。さらに、その美味しいものを二人で一緒に作る共同作業があれば、もっともっと距離は近づくはず。いつもどちらかだけが料理をして、「なんで私だけ?」なんていう不満につながることもなくなります。

二人で料理をするなら、買い出しから一緒にするのおすすめ。買い物をしていると、普段どんなものを食べているのか、どんな料理をするのか、またお互いの金銭感覚なども見えてきます。反対に、自分のダメな部分を知られてしまうことも。例えば二人分の料理をするのに、どれくらい分量を買えばいいのかわからない...なんてことになると、「いつも自炊をしてます!」なんて言っていた嘘がばれちゃうこともあるので要注意。長く付き合いたいと願う相手であれば、見栄を張りたい気持ちはわかるけれど、大げさなことを言うのはやめた方がいいかも。

調理は、料理が得意な方が主導権を握って。スムーズに進むように、分担を決めておくといいですね。どちらも料理が苦手というなら、野菜や肉を切るだけでOKの鍋料理や鉄板焼きなどが簡単です。

あくまで二人でキッチンは楽しむことが目的。あまり杓子定規にならず、時間がかかっても、ちょっと失敗しても気にしない。お酒を飲みながら作ったり、作りかけから、つまんで食べちゃうなんてお行儀が悪いのもアリ。二人が笑いあえる時間にしてくださいね。


さて、次回は、「一人暮らしだからこそ!のお泊まりタイム」として、恋人と一人暮らしの部屋で過ごすときの楽しみ方や注意点などを紹介します。どうぞ、お楽しみに。

テーマ: