一人暮らしの楽しみ方

2011年08月31日 (水)
一人暮らし初めて一人暮らしをするときは、憧れや楽しみでいっぱい。でも、日々の生活が始まると、最初は新鮮だった家事や料理、ひとりの時間も大変なだけに感じたり、当たり前の日常になってしまったりと色あせて見えることがあります。一人暮らしでは誰かに迷惑をかけることも少ないため、暮らしに手をかけることが面倒になってしまうこともあります。

だけど、暮らしは、いつも、いつでも、あなたと共にあります。乱れた暮らしは気持ちを不安定にさせたり、身体の不調につながることもあります。だからこそ楽しく気持ちよくあることを心がけたいもの。そのためには、目の前にある暮らしを、まず意識することが大切です。


● 小さな変化が暮らしに彩りを添える

朝起きて、会社に行って、仕事をして、帰ってきて、寝る。毎日同じことの繰り返し。新しいことなど何もなくて退屈。そんなふうに思っているのなら、暮らしに小さな変化をつけてみましょう。例えば、一輪の花を活けたり、季節のアイテムを飾ったり。それだけで季節感が生まれて、いつもより少し素敵に、前向きに暮らしている気持ちになれます。

毎朝コップ一杯の水を飲むようにしたり、旬の野菜を買って料理をしたり、自分が「いいな」と思っていたけれど始めていなかったことをやってみましょう。ちょっといいことをしている気分になれるはず。暮らしには、自己満足があることが大事です。


● 小さな習慣から始めよう

「もっと素敵に暮らしたい」と思っても、暮らしの習慣を一時に変えようとするのは難しいこと。暮らしは日々の積み重ねです。

毎日自炊をしたいと考えても、それまでの料理の経験がなければ、よほどの意志の強さがなければ簡単ではありません。だったら、まず最初はご飯を炊くだけでもいいし、お惣菜を買ってきて、きちんとお皿に盛りつけるだけでもいい。それほど負担なくできる小さな習慣から始めましょう。

小さなことでもひとつできると、小さな自信となります。小さな変化と小さな習慣がいずれ大きな自信となります。仕事が忙しかったりすると、新しいことを始めるのは「面倒だな」と思う気持ちが強くなるのもよくわかりますが、簡単にすぐできそうなことから第一歩を。それだけでルーティンのように感じられた暮らしがもっと楽しいものだと気づけるはずです。


さて、このブログ『一人暮らしの節約術』は、この記事をもって最終回となります。これまで、どうもありがとうございました。みなさんが素敵な一人暮らしを実現できますよう心から祈っております。
テーマ: