掃除機選びのヒント-いるorいらない編

2011年04月06日 (水)

掃除機掃除をするときに欠かせないと思われる掃除機。でも、それほど広くない一人暮らしの部屋では「持っていない」という人も、実は、たくさんいるんです。

形のいびつな掃除機は、それでなくとも狭い一人暮らしの収納の邪魔になることがあります。かといって出しっぱなしではかっこ悪いし、目に入るのは落ち着かない。とはいえ、手に届くところに置いておかないと、いちいち出して掃除をするのが面倒になり、結局使わなくなってしまった


掃除をするといえば、掃除機をかけること。だから、生活必需品と思っているかもしれませんが、掃除機がなくても掃除はできます。床がフローリングなら、フローリングワイパーやホウキ、雑巾だけでも対応可能。夜しか掃除ができない場合は、音に配慮すると、掃除機は使いにくいこともあるでしょう。掃除機を使わなければ、電気代もかからず、省エネに。

ただし、じゅうたんやラグを敷いていたり、ペットを飼っていたり、アレルギー症状がある人には、掃除機での掃除があった方が便利です。


「掃除機は必需品」と思いこまず、部屋の広さや生活環境などに考慮して、必要かどうか判断してみましょう。一人暮らしを始めたころは何かと物入り。慌てて揃えてようとせず、他のものを一通り揃え、いったん暮らしが落ち着いてからゆっくり選んでみてはいかがでしょう。


さて、次回は、「掃除機選びのヒント-種類編」として、様々ある掃除機の形状とその特長について紹介します。どうぞ、お楽しみに。

テーマ: