電子レンジ選びのヒント-設置場所編

2011年04月04日 (月)

電子レンジ一人暮らしの部屋のキッチンは狭かったり、設備が十分でなかったり。電子レンジは場所も取りますし、電気出力も大きい家電です。せっかく用意したものが「置けない」「使えない」ということのないよう電子レンジを設置する場所をきちんと確認しましょう。


● 設置場所

設置する場所のサイズをまず測りましょう。電子レンジは設置スペースに対してぴったりのものではなく、放熱する余裕が必要です。ギリギリのスペースに置くと、熱がこもって故障や火災の原因にも。取扱説明書に記載されています。必ず確認を。


● 電源

電子レンジに使う電源を確認しましょう。電気の出力が大きい家電ですので、安全に使うには、直接コンセントに差す必要があります。キッチンではコンセントが足りなくなりがちですが、タコ足配線は避けましょう。


● ドアの開き

電子レンジのドアは、左開きと、上から手前に開く縦開きのものがあります。キッチンでの導線を考え、どちらがいいのか考えていましょう。

冷蔵庫の上など高いところに置いた場合、手前に開くタイプでは目の前に電子レンジの扉が来ます。背が低い人は奥が見えにくいですし、熱くなったドアが手前にあるため、中のものが取り出しにくいこともあるので、注意が必要です。


さて、次回は、「掃除機選びのヒント-いるorいらない編」として、一人暮らしの生活に掃除機があった方がいいのか紹介します。どうぞ、お楽しみに。

テーマ: