洗濯機選びのヒント-容量編

2011年03月18日 (金)

洗濯初めての一人暮らしでは、どのくらいの量の洗濯物を、どのくらいの頻度で洗うのか、イメージがつきにくいもの。ライフスタイルや衛生観念によって異なりますが、毎日洗うという人は少なく、週2、3回というのが一般的。


例えば、毎日シャツ(200g)と下着類(100g)とバスタオル(400g)が1組ずつ洗濯物として出るとしたら、一日合計で約600~800g。三日分ずつまとめて洗濯をするとして、その他の洗濯物と合わせると、3~4kgにはなるでしょう。すると、洗濯機の容量としては、一人暮らし向けとして一般的に販売されている4~5kgだとちょうどいいと考えられます。

なお、洗濯機を効率よく使うためには、容量以上に詰め込みすぎないことが大切です。詰め込んで洗うと、途中で止まってしまったり、汚れがきちんと落ちず、ニオイの原因になることも。週に1回程度しか洗濯ができないような人は、6kg以上の大きめのものを購入を検討するのもおすすめです。


なお、乾燥機の容量は、洗濯よりも小さいです。洗濯を目いっぱいの容量で行ったとき、そのまま乾燥しても、洗濯物が完全に乾かないなど、機能を有効に使えません。乾燥機付の洗濯機の購入を考えている場合は、こちらの容量も確認を。


さて、次回は、「洗濯機選びのヒント-乾燥機編」として、乾燥機能付の洗濯機を購入するときのポイントを紹介します。どうぞ、お楽しみに。

テーマ: