冷蔵庫選びのヒント-設置場所編

2011年03月07日 (月)

冷蔵庫  一人暮らしのキッチンは狭いことやスペースに制限があることもあります。料理を楽しみたくて大きな冷蔵庫を選んだら置き場に入らなかったり、料理をするときの導線を遮るようなドアの向きで使いにくかったりしては残念。置き場の広さや高さ、コンセントの位置、間取りなどを頭に入れてから探しにいきましょう。

もし新しい部屋に新しく冷蔵庫を選ぶのであれば、下見をしたときに、冷蔵庫のスペースはサイズを測ったり、写真を撮ったりしておくと、あとで役に立ちますよ。


● 電源

冷蔵庫は、電源がなければ動きません。当たり前のことですが、設置したい場所にコンセントがあるか要確認。また、冷蔵庫は電気容量を大きく取る家電なので、タコ足配線にならないように。他の家電の設置場所との配慮もお忘れなく。


● 冷蔵庫置き場の広さ

冷蔵庫は放熱するために、壁から少し離して設置しなくてはなりません。それを取らないと、冷えにくくなり電気代が無駄になってしまいます。冷蔵庫置き場ぴったりのサイズが買えるわけではないので、ご注意を。どのくらい余裕を取るかは、『据付必要寸法』として取扱説明書に記載されています。


● 高さ

高さは、自分の身長を考えて。特に冷蔵庫の上に電子レンジ等を置きたい場合、あまり高いものを選ぶと、手が届きにくく使い勝手が悪くなります。併せて耐熱仕様になっているかも確認してください。


● ドアの開き方の向き

ドアは右開きか、左開きか。また、一人暮らし用の小さいものには少ないですが、左右どちらからでも開けるものや真ん中から開くものもあります。ドアを開けたときに壁にぶつからないか、調理スペースとの導線が良いかを考えて選びましょう。


さて、次回は、「冷蔵庫選びのヒント-デザインその他編」として、その他にも考えておきたいポイントを紹介します。どうぞ、お楽しみに。

テーマ: