だし汁って、どこで売ってるの?

2010年05月12日 (水)

煮物あるとき、普段自炊をめったにしないという友人から、「レシピにだし汁大さじ2って書いていあるけど、どこで売っているの? スーパーで探したら、粉末のものが見つかったけど、これって汁じゃないよね...」と聞かれたことがあります。ちょっと料理をする人にとっては知っていて当たり前のことかもしれませんが、料理初心者さんにとっては、大きな問題ですよね。あなたは、レシピに書かれているだし汁、用意することができますか?


一般的にレシピ本などで「だし汁」と書かれていたら、昆布やカツオを煮出してとったスープのこと。ただし、和食で多く使われるのは昆布やカツオですが、野菜や肉、魚、骨など様々な食材からも取ることができます。例えば、洋風ならばスープストックやブイヨンと呼ばれるものがありますし、和風ならば煮干やしいたけなどのだし汁もあります。


では、だし汁は昆布やかつおからきちんと取らなければ手に入らないのかといえば、そんなことはありません。料理のたびに毎回だしを取っていたら大変ですし、昆布やかつおはお値段も結構張るもの。一人暮らしにとってはハードルが高すぎて、料理なんてやる気にならなくなってしまいますよね。


先ほどの友人がスーパーで見つけたというのが、いわゆる「だしの素」。「昆布だし」「カツオだし」「合わせだし」といった液体や顆粒のだしの素が売られており、つまり、友達が探していた「だし汁大さじ2」は、そのレシピに応じて、水やお湯でといたり、希釈したりして、その分量のだし汁を用意すればOK。

市販のものには添加物が入っていたり、塩分が高く、味が濃かったりするために好まない人もいますが、忙しい一人暮らしや料理初心者さんなら、こういったものを手軽に活用するのがおすすめ。ただし、だしをどうやってとるのか、またきちんと取っただしがどんな味がするのか、知っておくと料理の幅が広がります。次回からの記事では、和食の基本となる「一番だし」「二番だし」「昆布だし」「煮干しだし」の取り方を紹介します。


さて、次回は、「一番だし・二番だしをとってみよう」として、かつお節と昆布で取る基本のだしについてお届けします。どうぞ、お楽しみに。

テーマ: