荷造りスタート! 必要なものは?

2010年02月01日 (月)

掃除用具引越といえば、荷造り。「一人暮らしだから、それほど荷物なんてないし」と侮っていると、収納の中から予想以上にたくさんのモノが出てきて、「引越前夜は一睡もできずに荷造りをしていた...」という話を聞いたことが何度もあります。初めての一人暮らしなら、それほど荷物も多くないかもしれませんが、何年も住んだ部屋から移り住むときは要注意。引越が決まったらすぐに、普段使わないものから少しずつ手をつけていきましょう。

引越業者に頼む場合は段ボールなどがもらえることもありますが、なければ自分で用意する努力を。次のようなものを用意してから取りかかった方がスムーズに進みますよ。


● 荷造りに用意したいもの

□ 段ボール
ドラッグストアやスーパーで無料でもらえることも。宅配業者やホームセンターなどで購入することもできますが、ネットショップで探すと、よりリーズナブルなものも。自宅まで送ってもらえるというメリットもあります。重たいものと軽いものを分けて入れるため、大・小それぞれ必要です。

□ 新聞紙(緩衝材)
エアパッキンなどがあると安心ですが、新聞紙でも大丈夫です。

□ ガムテープ
あとではがして使わなければならないものには、布テープの方が跡が残りません。値段が高めですが、養生テープなら、きれいにはがれます。

□ セロテープ・ビニールテープ
配線がわからなくならないように印をつけておくときにも使えます。

□ 油性ペン  
荷物を詰めたら、何が入っているのかわかるように、すぐに段ボールに書いておきましょう。

□ カッター・はさみ  

□ ビニール袋・ラップ・輪ゴム
液体の入った瓶や容器を梱包するときに必要です。

□ 工具
ベッドやクローゼットなどを展開して運ぶ場合に必要です。

□ 掃除用具
荷物を動かしたあとの部屋は予想以上に汚れていて、使いたくなること必須です。


 さて、次回は、「覚えておきたい荷造りの基本テクニック」として、モノを上手に運ぶための荷造りの基本についてお届けします。どうぞ、お楽しみに。

テーマ: