あなたは恋人に合鍵を渡す?

2011年08月08日 (月)

合鍵おうちデートを楽しむようになると、「もっと気軽に来てもらえたら嬉しいかも」「自分の方が帰りが遅くなるときがあるから、合い鍵を渡しておいた方がいいかな」なんて考えるようになりますよね。でも、ちょっと待って。恋人に合い鍵を渡すということは「心から相手を受け入れている。信頼している」という気持ちを伝えることになるのと同時に、自分の生活や財産のすべてをさらけだすことにもつながります。あなたの恋人は本当に大丈夫ですか。

恋人を疑うのは避けたいことかもしれないけれど、自分がいない間に部屋を物色されたり、部屋に居ついてしまったり...といったトラブルもよくあることです。恋愛真っただ中では考えられないことかもしれませんが、別れ話になったあと、合い鍵を渡していたことでより大きなトラブルに発展することも考えられます。

ずっと一緒にいたい気持ちはわかるけれど、できたばかりの恋人に合い鍵を渡すのは考えもの。どうしても渡したいのであれば、よく相手を見極めることとトラブルがあっても引き受けられることが大前提です。また、合鍵を持っていても「部屋に来る前には連絡を入れるとか」「開けてほしくない場所は絶対に触らない」といったルールをきちんと決めておきましょう。


さて、次回は、「最初が肝心。おうちデートの決まりごと」として、合い鍵以外にもおうちデートでのルール作りについて考えていきます。どうぞ、お楽しみに。

テーマ: