100円ショップのおすすめグッズ-インテリア雑貨編

2011年07月13日 (水)

雑貨一人暮らしの部屋作りの強い味方となってくれるのが100円ショップ。安くて可愛く楽しめるインテリア雑貨が多く見つかります。お金がなくても、工夫次第で、オシャレな部屋に。ただし、安いからとついつい買いすぎてしまわないよう、また可愛いと思ったけれど、部屋に持って帰ってみたら、思ったのと違ったということがないよう注意してくださいね。


● 季節ものは早めに購入を

100円ショップでは、クリスマスやお正月、ひな祭りや七夕といった季節の行事や、春夏秋冬をイメージした商品が時期が近付くと売りだされます。リーズナブルな上に、小さなスペースでも楽しめるものが多いので、一人暮らしにはおすすめですが、人気の商品があっという間になくなってしまいますので、要注意です。

ちなみに、昨年のクリスマスアイテムは、ハロウィンが終わる10月末前後から店舗に並びはじめました。店舗にもよりますが、12月を過ぎると、すでに商品の数が減ってきているようでしたので、準備を考えているときは、早めに足を運んでみてください。


● 天然素材は安っぽく見えない

100円ショップの商品は、安かろう悪かろうなものも実際にあります。お店で見たときは「可愛い」と思っても、部屋に持ち帰って飾ってみると、チープさが気になってしまったり。いくら安いものとはいえ、使わずに捨てられたり、しまいこまれてしまうのはモッタイナイ。

失敗しやすいのは、プラスティック製品やビニール製品といった合成樹脂のもので、特に色味が強いもの。インテリアのテイストにもよりますが、壁や家具・家電などの部屋の基本色に合わないものは浮いてしまうことが多くなります。

一方、馴染みやすく、値段よりも良いものに見えるのが天然素材のもの。例えば、木や籐、竹などのそのものの色味を生かしたものは、安っぽさが感じられず、使いやすいようです。


● 組み合わせて、手作りを楽しむ

いくつかの商品を組み合わせて、自分のオリジナルアイテムを作るのも楽しいです。例えば、箱にマスキングテープを貼ったり、籠や棚にリボンや紙を貼ったりして、リメイクするくらいなら、ぶきっちょさんでも簡単。木材やスノコ、ペンキなどもありますので、より大がかりなDIYにトライしたい人にもおすすめです。


さて、次回は、「100円ショップのおすすめグッズ-食料品編」として、一部の店舗で扱っている食料品の選び方について紹介します。どうぞ、お楽しみに。

テーマ: