カーテン選びのヒント-サイズ編

2011年04月27日 (水)

メジャー初めてカーテンを選ぶときに「どうしたらいいんだろう?」とまず疑問に思うのがサイズです。規格サイズのカーテンというのもありますが、住んでいる部屋の窓に必ずしも一致するとは限らないので、要注意です。

窓の大きさは部屋によって違います。また、掃き出し窓、腰窓、出窓、小窓、天窓など、形も違い、それによってカーテンのサイズも変わります。せっかく買ったカーテンが寸足らずだったり、引きずるように長かったりすることのないよう、カーテンレールの幅と高さ、窓の形はきちんと計測、確認してから選びましょう。


● サイズの測り方

カーテンを選ぶために必要な窓のサイズの一般的な測り方と必要なサイズについて紹介します。サイズが決まった既製品を購入する場合も、この採寸の仕方を目安に設置できるかどうかを検討してみてください。なお、依頼した業者等の指示があれば、その指定に従ってください。

まず、幅はカーテンレールの長さを測り、カーテンはその長さに3~5%のゆとりを持たせます(例:レールの長さ200cm×1.05=210cm)。

次に、丈。掃き出し窓(床まである窓)の場合は、ランナー(カーテンを引っかける金具)の下から床までを測り、ドレープカーテンは1~2cm短く、レースカーテンはさらに1cm短くします(例:ドレープ・高さ185cm-1cm=184cm/レース・高さ185cm-1センチ=183cm)。

腰窓(床までない窓)の場合は、ランナーから窓枠まで測って、ドレープは10~15cm長く。レースはそこから1~2cm短くします(例:ドレープ・高さ100cm+10cm=110cm/レース・高さ110cm-1cm=109cm)。


● カーテンの取り付け方

カーテンの取り付け方はカーテンレールによって違い、それによってカーテンの長さが変わります。カーテンの上部がレールを覆う場合は『正面付』、レールの下になる場合は『天井付』と呼ばれます。オーダーするときは、どちらのタイプになるのか指定をする必要があるので、カーテンレールの形の確認を。

既製品のカーテンでは、付属のフックをアジャスターで調整し、正面付・天井付と変えられる場合もあります。ただし、それによって、カーテンの長さが数cm上下するので、採寸した長さと照らし合わせて、過不足がないか確認してください。


● 開き方

カーテンは真ん中から左右に分かれる両開きが一般的です。ただし、細い窓や、一方からしか開けにくい場所などでは、片開きを選ぶと使いやすいこともあります。


さて、次回は、「カーテン選びのヒント-色・柄編」として、インテリアや部屋作りを考えたカーテンの色や柄の選び方を紹介します。どうぞ、お楽しみに。

テーマ: