ゴキブリに負けない!-対策編

2011年02月23日 (水)

残飯まず初めに残念なお知らせです。集合住宅に住んでいる場合、自分の力だけではゴキブリの侵入を完全に防ぐことは不可能です。なぜなら、ゴキブリはありとあらゆる、わずかな隙間から侵入できるから。小さなゴキブリなら、ほんの数ミリの隙間を通り抜けてやってきます。

アパートやマンションなどの集合住宅では、他の部屋と配管がつながっていることがほとんど。そのため、自分が一生懸命ゴキブリの対策を取っても、別の部屋で発生すれば、残念なことに配管や天井裏、床下などを伝ってきてしまうのです。

それでも出現回数を減らすために、できる限りの努力をするなら、次のようなことに気をつけて暮らしてみて。何よりも不衛生な部屋というのがゴキブリの最も好む環境です。


● 清潔第一!

何でも食べるゴキブリ。食べこぼしや残飯、生ゴミなどは大好物です。残った食べ物をテーブルの上に置いたまま、寝てしまうなんていうのは言語道断。湿気の多い環境も好むので、キッチンやバスルームなどの水気は、使ったら拭きとるを心がけて。

ゴキブリが大の苦手というなら、こまめな掃除は必須。清潔を心がけることで、ゴキブリにとって居心地のよくない環境を目指しましょう。


● 侵入経路を断つ!

ゴキブリの侵入経路となりそうな場所をしっかりと塞ぐのも効果的。例えば、排水管にはネットや蓋をかぶせたり、換気扇や玄関についたポストにはフィルターを張ったり、目についた天井や壁、床などの穴やひび割れにも対策を。

また、ドアや窓などがきっちり閉まるかも確認。閉まりにくいなら、隙間用のテープなどで補強を。ちなみに、ドアや窓を開けっぱなしは禁物です。ゴキブリは飛んでくることもありますので、高層階でも油断はできません。


さて、次回は、「ゴキブリに負けない!-退治編」として、ゴキブリが出てしまった場合、どうやって退治するのかを紹介します。どうぞ、お楽しみに。

テーマ: