金銭トラブルに対応するには-相談先編

2011年02月09日 (水)

お金のことで困ったとき、またトラブルに巻き込まれてしまったとき、一人では解決できないとわかったら、とにかく早く相談することが大切です。「恥ずかしいから」「言いにくいことだから」「なんとかならないかと思ったから」などと先延ばしにしてもいい結果は絶対にありません。


国民生活センターや消費生活センター、またお住まいの自治体などで法律相談を受け付けているところもあり、基本的には無料で相談に乗ってもらえます。また警察にも債務整理等の相談窓口が設けられています。脅されたり、暴力を振るわれそうになったりするなど、自身に危険を感じた場合は、110番を利用するという方法もありますので、覚えておきましょう。


さらに、法律の専門的な知識を求める場合は、弁護士や司法書士、行政書士などに相談してもいいでしょう。どうやって探したらいいのかわからないという人も多いと思いますが、お住まいの地域の弁護士会・司法書士会・行政書士会・税理士会に連絡すれば、紹介してもらうことができます。また、法テラスを利用すると、解決に役立つ法制度や地方公共団体、弁護士会、司法書士会、消費者団体などの関係機関の相談窓口を無料で紹介してもらえます。


お金に関する相談を受けるときは、他人を介さず、自分で相談をすることが大事です。トラブルの経緯や関係書類をまとめ、包み隠さず話すことが解決への近道となります。


さて、次回は、「騒音トラブルへの対処法-原因編」として、一人暮らしで起こりがちな隣室からの騒音問題の原因について考えます。どうぞ、お楽しみに。

テーマ: