お米を炊いてみよう

2010年11月03日 (水)

ご飯「よし、自炊をするぞ」と一念発起しても、最初から「三食作ろう」「ご馳走を作ってやろう」なんて焦ってはダメです。「まずは形から」と、調理器具や食器を買い揃えるのもやめましょう。宝の持ち腐れになる可能性大。

これまで自炊をしていなかった、もしくは自炊が続かなかった人の第一歩としておすすめしたいのは炊飯器。そして、ご飯を炊くところから始めることをおすすめします。

「一人暮らしなら、一食分ずつ土鍋でご飯を炊いた方が美味しい」という声もありますが、炊き上がるまで見ていなければいけないので、忙しい人にはあまり向きません。炊飯器ならタイマーをセットしておけば、寝ている間でも、仕事中でも炊き上げておいてくれるので、食べたいときに炊きたてご飯が食べられます。

多めに炊いておいて、余った分は一食ずつラップに包んで冷凍しておくのが便利。一人暮らしなら、一度に3合程度炊いておけば、数日はそのご飯を電子レンジで解凍するだけで食べられます。これまで自炊が続かなかったという人も、数日に一度のこれくらいの作業なら、負担なく始められるのでは。

あとは野菜が多めのお惣菜を2種類ほど買ってきて、インスタントのお味噌汁でもつければ、外食よりもリーズナブルで健康的。しっかりとしたご飯が食べられます。最初のうちから飛ばしすぎず、慣れるまではこれ以上無理せずに、ご飯を炊く生活を身につけてから、次のステップへ進みましょう。


さて、次回は、「レトルト・冷凍食品・半調理品を使おう」として、忙しいときや料理下手でも使いやすい料理グッズを利用したご飯作りについて紹介します。どうぞ、お楽しみに。

テーマ: