部屋干しのニオイを防ぐ洗濯のコツ-干し方編

2010年08月27日 (金)

洗濯部屋干しでニオわせないための最大のポイントは干し方・乾かし方にあります。今のような夏の暑い季節であれば、室内でも半日でパリッと乾かすことができますが、梅雨時などの雨の多い時期はそれが難しくなります。

湿度が高い梅雨時は、水分の蒸発が進みにくいため、洗濯物がなかなか乾きません。濡れていて、かつ気温が高い状態が長く続くと、洗い残った汚れや雑菌からニオイが発生します。そうならないためには、空気が流れる広いスペースに間隔を空けて干すこと。一人暮らしの部屋では難しいこともあるかもしれませんが、次のようなことを意識し、心がけてみましょう。 


● 洗い終わったら、洗濯機に入れっぱなしにしない

湿気がこもって密閉された上に、適度な温度もある洗濯機の中は、時間が経てば経つほど、雑菌が増えやすい場所です。その中に入れっぱなしにすれば、せっかくキレイになったはずの洗濯物に雑菌が再びついてしまいます。タイマーなどでセットしておく場合でも、すぐに対応できる時間を設定し、素早く干すようにしましょう。


● できるだけ広いスペースに広げて干す

湿った洗濯物同士がくっついてしまったり、密集しすぎてしまったりすると、乾くスピードが落ちてしまいます。できるだけ広いスペースを取り、できるだけ間隔を空けて干すよう心がけましょう。

カーテンレールや鴨居などに干す人もいますが、カーテンや壁は意外と汚れており、湿った衣類がくっついた状態は異臭やカビの原因に。室内用の物干しを用意することをおすすめします。


● 空気の流れを作り、湿気を追い出す

空気が動かないと、湿気がその場に滞ってしまい、いつまでも洗濯物が乾きません。空気のドアを開け、換気扇やエアコン、扇風機などを使って、湿った空気と乾燥した空気を入れ替えることで、室内でも素早く乾かすことができます。特に湿気の多い部屋ならば、小型の除湿機を用意するのもおすすめです。


● アイロンを利用する

少しだけ湿り気の残った衣類はすっかり乾くまで干しておくより、アイロンを使って乾かしてしまうという方法があります。スペースの無駄もなくなります。


● お風呂場に干す

お風呂場は部屋干しにおすすめのスペースです。浴室乾燥機がなくとも、換気扇があるため、湿気を追い出しやすく、また濡れることを前提とした場所なので、壁や床、じゅうたんなどを湿気によって傷める心配がありません。突っ張り棒などを利用して干すスペースを作りましょう。


さて、次回は、「部屋干しのニオイを防ぐ洗濯のコツ-洗濯機編」として、衣類をキレイに洗い上げるために、洗濯機を清潔に保つ方法についてお届けします。どうぞ、お楽しみに。

テーマ: