生活必需品、リーズナブルに揃えるなら

2010年03月31日 (水)

私が初めて一人暮らしをするときに思ったこと、それは「お金に羽根が生えてるみたい...」。あっという間に10万円単位のお金が出ていってしまうわけで、これほどまでに大きなお金を動かしたことがなかった私は唖然とする思いでした。

お金部屋を借りるお金や引越費用は削ることが難しいもの。どこで少しでも節約するかといえば、やはり生活必需品を購入するお金です。私の場合は運よく引越を考える友人がいたため、譲ってもらうことができたこと。また、リサイクルショップを活用し、家電は中古品で揃えたため、ずいぶんと安く買うことができました。

一人暮らしを始めるにあたって、「お財布が相当厳しい!」という人も少なくないと思います。そこで生活必需品をリーズナブルに揃えるためのいくつかの方法をご紹介します。お店で新品を買うよりも手間がかかることもありますが、ちょっと頑張るだけで、今後の暮らしがぐっとラクになりますよ。


● 実家からもらってくる

新生活には、自分が選んだ新品を揃えたいという気持ちはよくわかります。でも、それらを揃えるために、無理をしすぎてスッテンテン...というのは禁物。その後の暮らしにもお金は必要です。

たとえ自分の好みに合わなくとも、ちょっと古くさくとも、一人暮らしに使えそうなものがあれば、ご両親から有難く譲ってもらいましょう。調味料や洗剤など、日常の細かなものも一週間分程度分けてもらっておくと、急いで買い揃える必要がなく、慌てずに済みます。


● 友人から譲ってもらう

この時期は一人暮らしを卒業したり、新居に引っ越したりする人も多い季節です。今度もし周りにそういった友人がいたら、何か譲ってもらえるものがないか、相談してみましょう。

引越をするときには不要となるものが少なからずあるものです。一人暮らしを始めることが決まったら、「今度、一人暮らしをするの」と積極的に知らせておくと、それを知った人からお声がかかることもあるかもしれませんよ。


● レンタルサービスを利用する

学生生活や単身赴任など一人暮らしが長く続かない人、また長く続けられるか不安な人にとっては、わざわざ家具や家電を買い揃えるのはモッタイナイと感じることもあるでしょう。そんなときにおすすめなのが家具や家電のレンタルサービスです。

長期間になれば「買った方が安かった」という場合もありますが、新品を一度に買うよりはぐっとリーズナブル。少しずつ買い揃えることを前提に、最初はレンタルしておくことで、初期費用を抑えることも可能です。時間的・経済的に余裕がない中で慌てて買い揃える必要がない分、購入時の失敗を防ぐこともでき、結果的にオトクになることも。

また、大型の家電や家電は廃棄するときにもお金がかかり、意外な出費になることもありますが、レンタルなら、その心配もありません。

かして!どっとこむ


● リサイクルショップ・オークションで買う

新品にこだわらなければ、リサイクルショップやネットオークションを利用するのもひとつの手です。必ずしも希望したものがすぐに見つかるわけではないので、時間と手間がかかりますが、新品よりもぐっとリーズナブルに手に入れられます。また、地域によりますが、自治体が運営するリサイクルショップなどでは、欲しかったものが破格の値段で手に入ることも。

購入するときは、どのくらい使用されていたものなのか、使用感はどうか、取扱説明書はあるかなど、できる限りしっかりと確かめましょう。しっかりとしたリサイクルショップなら、中古品でも保証期間がついていることがあります。


● 物々交換サイトを利用する

要らないものや欲しいものを掲示板などに書き込むことで、希望の合致する相手を探し、物品提供や物々交換をするサイトがあります。サイトの利用は基本的に無料のところが多いですが、相手の住んでいる地域によっては送料などがかかることも。

また、「物品を交換できずにモノだけ取られてしまった...」といったトラブルもあるので、注意して。

あげくだ
モノチェン
物々交換サイトWaWaWa

※ ご利用はご自身の責任でお願いします。


「初めての一人暮らしに揃えたいもの」としてお届けしてきた、一人暮らしのための生活必需品情報は今回で終わりとなります。
来月からは、「一人暮らしの部屋作り」をテーマに、第一回目「一人暮らしの部屋、よくある悩みは?」として、一人暮らしのインテリア、模様替えについてお届けします。どうぞ、お楽しみに。

テーマ: