一人暮らしに揃えたい洗濯グッズ

2010年03月19日 (金)

洗濯初めての一人暮らしだと「これまで洗濯は親任せ。一度もやったことがない」という人も少なくありません。そんな人に話を聞いてみると、「柔軟剤で洗えるのかと思っていた」「洗剤と柔軟剤を一緒に入れていた」なんて、洗濯の基本的な間違いをしていることも。

大事な洋服を長く、きれいなまま着るためには、洗濯グッズを正しく使うのがポイントです。洗濯に必要なものを揃えると同時に、その使い方もあわせてマスターしてしまいましょう。


● 洗濯グッズチェックシート

○...洗濯の基本グッズ
△...必要に応じて揃えるグッズ

□ ○ 洗濯機
洗濯機置き場がない部屋ではコインランドリーなどを利用して。

□ ○ 洗濯洗剤
弱アルカリ性洗剤(綿や麻、ポリエステルなどの素材に適し、洗浄力が強い)と中性洗剤(ウール、シルク、綿でもおしゃれ着などを洗うときに使う)がある。エリや袖、靴下など、普通の洗剤と洗濯だけでは落としきれない汚れに使う部分洗い用洗剤も便利。

□ ○ 漂白剤
しみやしつこい汚れを落とすのに使う。「塩素系」「酵素系」と二種類あるが、色柄物にも使える「酵素系」を用意しておくと便利。

□ △ 柔軟剤
衣類を柔らかく仕上げるために使う。好みで使わないことも可。洗剤と柔軟剤は一緒に使うと、どちらの効果も落ちてしまう。柔軟材はすすぎの水がきれいになったときに入れること。

□ △ 洗濯のり
ワイシャツなど張りのある仕上がりを求めるときに使う。 

□ △ タライ
つけ置き洗いをするのに便利。洗面器などで代用も。

□ △ 洗濯ネット
ニットや女性用の下着などが型崩れしないように、また他の衣類とからんで傷めないようにするために使う。大きさ・形など、洗うものによって揃える。

□ ○ 物干し
竿やスタンドなど、ベランダや室内など用途やスペースに応じて用意。
 
□ ○ ハンガー類
靴下や下着など細かいものを干すときはピンチハンガーも便利。

□ ○ 洗濯バサミ

□  ○ 洗濯籠
汚れた衣類を保管しておく。洗濯機の中に入れておく人もいるが、衛生面から考えると、おすすめできない。通気性のよいものを。


さて、次回は、「一人暮らしに揃えたい掃除グッズ」として、基本の掃除用具や、掃除に使える身の回りのものについてお届けします。どうぞ、お楽しみに。

テーマ: