部屋の下見チェックポイント(建物編)

2009年11月25日 (水)

091125.jpg不動産会社に勤める知人に「部屋の下見で注意したいのはどんなところですか」と質問したところ、「部屋の中だけ見て満足してしまう人が多いんですが、部屋の外こそ注意してもらいたい」という答えが返ってきました。

エントランスや廊下が汚れていたり、物が出しっぱなしになっていたり、ポストにチラシがはみ出るほど詰まったままになっていたり、ゴミ捨て場に収集時間以外にゴミが出されていたりするのは要注意。マナー意識の低い住人がいたり、大家さんや不動産会社の管理が行き届いていない可能性があります。

一人暮らしをしていて多いのが騒音やゴミ処理などのマナー違反によるご近所トラブル。一度巻き込まれると、簡単に解決しにくい問題です。どんな住人が住んでいるのか、管理会社はきちんとしているのかは、住み始めてからではわかりにくいことですが、こんなところに注意を払うことで見抜ける場合もあります。


● 建物

□ 共有スペース(玄関・階段・廊下など)や建物の周囲は散らかっていないか? ... 建物の管理状況や住人のマナーを確認。
□ 共有スペース(玄関・階段・廊下など)に不要な物が置かれていないか? ... 災害等の避難経路として妨げになっていないか。
□ 郵便受けはどこにあるのか?
□ 郵便受けにカギはあるか? ... ついていない場合、自分でつけられるか。
□ 郵便物があふれた郵便受けはないか?
□ エントランスや郵便受けが死角になっていないか? ... 木や建物、壁など、人が隠れてもわからないような場所があるのは、特に女性の場合、注意したい。
□ 外から見たとき、部屋はどんなふうに見えるか? ... 簡単に侵入されないか。
□ 自転車置き場はあるか? また、きちんと管理はされているか。
□ 駐車場はあるか? 空きは? また、料金は?
□ ゴミ置き場はどこにあるのか? また、いつ出せるのか。
□ ゴミ置き場は散らかっていないか?
□ 管理人は常駐しているのか?
□ 隣人の雰囲気はよいか? ... 下見の際、顔を合わせたらあいさつをしてみるなど、声をかけてみると様子がわかることも。


さて、次回は、引き続き「部屋の下見チェックポイント(周辺環境編)」として、最寄駅や通勤・通学経路などでチェックしたい点をまとめてお届けします。どうぞ、お楽しみに。

テーマ: