部屋探しの基本条件は、この4つ

2009年11月04日 (水)

091104-2.jpg初めての一人暮らしにはいろいろな憧れがふくらみます。

私も一人暮らしをする前には「ベランダが広い部屋がいいなぁ」「手足の伸ばせるお風呂があるといいんだけれど」なんて、あれこれと夢を膨らませました。でも、現実はなかなか厳しいもの。私が払える家賃で借りられる部屋となると、そう理想どおりにはいきません。

まずは、その現実と向き合うための第一歩。基本となる4つの条件について考えていきましょう。部屋への希望やこだわり、ライフスタイルなどに関係なく、不動産会社へ行けば絶対に聞かれることです。


● 家賃

家賃の目安は、管理費や共益費などを含めて収入の1/3。月収20万円なら、6~7万円程度とするのが妥当です。それを越えると、生活に負担が。

実際に部屋を下見していくと、よりよい条件の部屋は家賃も高め。比較すると良い部屋を選びたくなってしまうものです。支払える範囲を越えた部屋は、下見を避けるのがベター。


● 立地

どの沿線・駅に住むのか、また駅からの距離はどのくらいなのか。乗り換え路線の多い線や駅、急行の止まる駅は家賃が高め。駅から徒歩15分以上かかる、バスや自転車を利用すると、安くなることが増えます。

遠方からの部屋探しで土地勘がないときは、情報誌やインターネットで沿線・駅の家賃相場を調べてからの部屋探しがおすすめ。大手不動産会社を利用すると、他の地域の支店と連携しているため、幅広い地域で部屋探しがしやすいでしょう。


● 間取り・広さ

一人暮らし向けの部屋は、ワンルーム・1K・1DKの間取りで、占有面積18~20m2程度が一般的。ワンルームは廊下か室内にキッチンが、1K・1DKは部屋とは別にキッチンがあり、それが6畳以上の場合は1DKと呼ばれています。部屋が広くなれば、当然家賃も高くなります。


● 入居時期

入居時期がはっきりしていないと、部屋は探しにくくなります。「気に入った部屋が見つかったときに」と曖昧な条件では後回しにされてしまうことも。部屋探しは、早すぎると無駄に家賃を払うことになりかねないし、遅すぎると納得のいく部屋が見つからないこともあります。初めての部屋探しなら、入居を希望する日の一ヶ月ほど前からスタートするといいでしょう。

進学や就職で一人暮らしを始めるときは、遅くても入学式や初出勤の2~3日前、できれば1週間前には入居できるようにすると安心です。


さて次回は、「こだわり条件、あなたが譲れないものは何?」として、「ペットを飼いたい」「新築に住みたい」など、人によって違う部屋に求める条件をより具体的にご紹介します。どうぞ、お楽しみに。

テーマ: